その他のせどり

バーコード読み取りができないセット本せどりは地道にカタログ検索!

2020年11月8日

 

カワセミです!

 

このブログで、セット本せどりについて何度か書いてきました。

僕はサブとしてやっていて、メインのせどりには据えていませんが、結構記事を読んでもらえるのでジャンルとしては人気にあるジャンルなんだなと思います。

セット本せどり始めました。実体験で書くそのメリットとデメリット。

効率的なセット本せどりのコツはバラは狙わないこと!狙う順番とそれぞれのコツを紹介。

 

ただ、利益商品かどうかをリサーチするときに、そもそもどうやって「デルタトレーサー」「Keepa」といった「Amazonランキング・価格推移・出品者の状況」を表示してくれるサイトで検索するの?

という話があったので今回は、Amazonでカタログを見つけて、「デルタトレーサー」や「Keepa」で検索するまでを話したいと思います。

 

確かに、セット本と違って、単独の商品の場合、アマコードなどのバーコードスキャンできるアプリを入れておけば非常に検索が楽です。

バーコードをスキャンしてアプリからKeepaに飛ぶか、スキャンしたJANコードをコピーしてデルタトレーサーで検索することが出来ます。

せどり初心者の強い味方、アマコードアプリの使い方を徹底解説!

 

ただ、セット本の場合はそのセットでアマゾンのカタログが出来ているのでバーコードなどはなく、自力でそのカタログにたどり着くしかありません。

そういう意味では面倒くさいので、逆に良いんじゃないかと思います。

人がやりたがらない面倒なところとか、手間がかかるところに利益商品は眠っていますからね。

 

では、早速Amazonカタログの探し方ですが、結論から言ってしまえばヤフーやGoogleで検索するだけです。

「○○+文庫+セット」

「○○+全巻+セット」

こういった組み合わせで検索をすると探しやすいです。

試しにやってみましょう。

step
1
キーワード検索する

まずはキーワード検索です。

タロットウォーズという文庫の漫画があるのでこれでやってみます。

「タロットウォーズ 文庫 ゼット」

このキーワードでヤフー検索します。

 

そうすると検索結果の一覧が表示されますので、その中でAmazonのページのものを探します。

検索トップは広告とかヤフオク!とかの場合が多いですが、Amazonのページは検索上位にいることが多いので、大体1ページ目の中段くらいまでには出てきます。

 

step
2
ASINを見つける

Amazonのページを見つけたらクリックしてアマゾンの商品ページ(カタログ)を確認します。

おなじみの商品ページですね。

このページを下にスクロールして登録情報を見ます。

ASINを見つけたら、これをコピーします。

今回はB00BC9NMASですね。

参考

ASIN(エーシン)というのは「Amazon Standard Identification Number」の略でアマゾンが扱う商品(単体の書籍以外)につけられている識別ナンバーのことです。

Amazonという広大なマーケットの中で商品を識別するための管理ナンバーですね。

1商品につき1つのASINが紐づいています。

step
3
Keepaやデルタでリサーチ

最後はkeepa(キーパ)やデルタトレーサーでリサーチします。

Keepaは有料版でないと波形が見れないので、今回はみんなが見れるデルタトレーサーでやってみます。

(デルタは今のところ無料で使えていますが、有料化がアナウンスされているのでそのうち無料では使えなくなるものと思われます。)

 

デルタのHPの検索欄に先ほどAmazonカタログからコピーしたASINを張り付けます。

 

そして検索すると、ランキングの推移がわかるグラフが表示されます。

これで、その商品が大体どれくらいで売れるのか?利益が出るのか?回転期間はどれくらいか?というのを判断していくことが出来ます。

同じくランキングの推移や出品者の状況、最安値の一覧まで見ることのできた超有名な神サイト「モノレート」があったのですが、残念ながら2020年6月末をもって閉鎖されてしまいました。

ただ、デルタトレーサーも波形の見方は一緒なので波形の見方がわからない人は以前書いたこちらの記事が参考になると思います。

Keepaも同様ですが、Keepaの場合はモノレートやデルタトレーサーと違って、商品が売れたら波形が下に折れる(下がる)のではなくて上がるのですが、単純に逆なだけなのでこちらも参考になると思います。

モノレートを制するものはせどりの全てを制す!正しい見方を徹底解説!これで仕入れをマスターしよう。

 

今回はセット本のカタログの見つけ方についての記事でした。

この記事が何かの参考になれば幸い。それでは!

Amazon出品の強い味方

Amazonに出品したい!でもストア紹介ページに自分の住所を使うのは抵抗がある

そんなとき使えるのが「バーチャルオフィス」です。

僕は以下の理由からKarigo(カリゴ)を使っています。

理由①:全国展開の大手で運用実績が多い

理由②:必要最低限のプランなら法人・屋号使用でも月額5,500円と良心的

理由③:入会金が安い

理由④:最低契約期間が短い

Karigo(カリゴ)HPはこちら


参考記事

Amazon出品で個人情報を晒したくない!バーチャルオフィスとSMARTalk(スマートーク)で解決。

 

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
アバター

カワセミ

都内の某企業でサラリーマンをしているカワセミと申します。 副業で資産形成を目指しています。 公認会計士の資格を持っていますので、そういった視点からもこのブログを作っていけたらと思います。

-その他のせどり

Copyright© 資産形成クエスト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.